トップ > 単線ラインケーブル・スピーカーケーブル他・単線ヘッドフォンリケーブル > [GS-1.0 TripleC-FM]

商品カテゴリ

ギターシールドGS-1.0 TripleC-FM

ギターシールドGS-1.0 TripleC-FM

ギターシールドGS-1.0 TripleC-FM

仕様
■価格 全長1m
88,000円(税別)

長さ特注 50cm+
28,000円(税別)

GS-1.0TripleC-FMの特徴

GS-1.0TripleC-FMは究極の新導体PC-TripleCを使用し、ギターとアンプ間のノイズを消滅させるファインメットビーズを装着、絶大なシールド効果を発揮するフレキシブルテフロンコーティング銅管シールド、静電気の発生を抑え滑らかな且つ鮮烈な音色を実現する天然シルク緩衝材、鉄心やニッケル磁化歪みによる影響がなく半田による導通劣化のない完全非磁性ネジ留め構造のロジウムメッキフォーンジャックなど、これまでのギターシールドの概念を大きく覆すクオリティを発揮します。GS-1.0TripleC-FMを使用することで初めて貴方のギターやベースの本当の音色や質感、パフォーマンスが明らかになります。

PC-TripleCを新たに採用

世界初のオーディオ専用導体として開発された鍛造製法による夢の新導体PC-TripleC。
ACOUSTIC REVIVEは今後、全てのケーブルにこのPC-tripleCを採用します。
PC-TripleCは原材料にミクロン単位の不純物を完全に取り除いた特殊なOFC(無酸素銅)を使用し、日本の匠技である鍛造製法によって結晶粒界の方向性を電気の流れる方向へ整えるという画期的な技術です。

また単結晶素材であるPCOCCでも避けられなかった内部空礫も鍛造によって無くなり、導体導体密度は極限まで向上しております。
音質もこれまで体験したことのない高密度でFレンジ、Dレンジ共に超ワイドレンジで、自然で滑らかな音色と質感表現、エネルギッシュで躍動感に溢れるなど、全ての項目で別次元のクオリティに到達しております。


※PC-TripleCは特許第5871985の音響用導体です。

音響用導体の製品化

絶縁材に非誘電率に優れたフッ素樹脂を採用

シングルコアーケーブルシリーズでは絶縁材に現在最も非誘電率に優れた素材であるフッ素樹脂を採用しました。現在、市販ケーブルの殆どは非誘電率が悪く音質を著しく劣化させる塩ビ(PVC)が使用されており、良くてもポリエチレン(PE)となっております。また同じフッ素系であるテフロンを使用したケーブル類は国内価格で50万を超える金額となっておりますが、ACOUSTIC REVIVEでは廉価版においてもフッ素絶縁を採用しハイコストパフォーマンスを実現しました。

伝送上のノイズを一掃するファインメットビーズ(ファインメットビーズ®は日立金属の登録商品です)を搭載

ラインケーブルやデジタルケーブル、電源ケーブルには伝送上のノイズを一掃するファインメットビーズ(ファインメットビーズ®は日立金属の登録商品です)を新たに搭載しました。ファインメットビーズ(ファインメットビーズ®は日立金属の登録商品です)はボロン・鉄・シリコン合金による軟磁性ノイズ除去素材で、フェライトコアのような音質的副作用がないのが特徴です。ACOUSTIC REVIVEではこのファインメットビーズ(ファインメットビーズ®は日立金属の登録商品です)を各種ケーブル用途に最適なサイズで採用し、副作用一切なしにノーマルノイズ、コモンモードノイズを一掃することに成功しました。副作用一切なしに劇的にS/N比が向上し、静寂の中から音楽が沸き上がり、広大な音場の中で実在感のある超立体的な音像が躍動する快感をご体験頂けます。

ビーズなし状態のノイズ

ビーズあり状態のノイズ

単線の意義とは?

現在市販されるケーブルのほとんどに細い線材を撚り合せた撚り線が用いられています。なぜ撚り線が採用されたのかといえば、取り回しが良い事に尽きます。ユーザーは使い易く、メーカーも製造性が良いことから長い間使い続けられているのです。しかし、その撚り線は、撚り合わせた線間を飛び回るストランドジャンプ現象と呼ばれる「迷走電流」が避けられません。空気や絶縁材を誘電体として飛び回る迷走電流は、各線間を絶縁してリッツ線構造にしても防ぐことが出来ません。この迷走電流は付帯音やノイズ、歪みの原因になり、想像以上に音を濁しています。


迷走電流をゼロにするには単線を使用する以外に方法がありません。その事実は現在お使いのケーブルと弊社のシングルコア・ケーブルと比較していただければ確実にご理解頂けるはずです。

全てに贅を尽くしたケーブル構造

ケーブルの理想はいかに伝送ロスや伝送変質がないかに尽きます。つまりケーブルレスです。世の中には音質が良くなるケーブルなど存在しません。ケーブルを交換して音質が変わるのは、この伝送ロスや伝送変質がどのような形で現れているかに過ぎません。ACOUSTIC REVIVEはケーブルレスを目指しています。伝送ロスや伝送変質を無くすためにACOUSTI REVIVEではケーブル作りの既成概念にとらわれることなく、多方面の素材専業メーカーと共同開発を行い、理想のケーブル構造を実現しました。特に音質を左右する単線導体は、世界初の鍛造製法によるPC-TripleCを採用、更に(株)FCMの協力により楕円形状にすることで単線固有の共振を排除しました。

シールドには圧倒的なシールド特性を確保しながら単線ケーブルとは思えないフレキシブルな取り回しやすさを実現したテフロンコーティングフレキシブル銅管を品川商工(株)と共同開発し、エアーインシュレーションを実現し帯電も防止する天然シルクチューブを(有)エビサワと共同開発、そしてコネクターは異種金属組み合わせによる制振構造に加え、ハンダによる音質劣化を抑えるネジ留め式を(株)松金と共同開発、これらゼロから作り上げた新素材を完全ハンドメイドで組み上げるという類例のない贅を尽くした構造となっております。

REVIEW