掲示板トップページ
メイン
   [00-03]音楽全般
     懐かしく よき時代にタイムスリップ!
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
zappa1993
投稿日時: 2014/11/18 19:42
長老
登録日: 2011/3/17
居住地:
投稿: 1911
Re: よき時代にタイムスリップ!
RANZANさん
こんばんは。

またずいぶん古いスレッドを引っ張り出して来られましたね
先週末、管理人Kさん宅でジミー・スミスのアルバムをアナログで聴かせていただきました。
ファンキーなハモンドオルガンの演奏はRANZANさんが仰るように音の洪水で、JAZZだけでなく、その後のROCKにも多大な影響を与えたことは想像に難くありません。
ジミー・スミスを聴かれるなら今度は是非その辺りの作品を聴かせてください。

ソニー・ロリンズのサキソフォン・コロッサスも管理人Kさん、ケミさん宅でオリジナル盤を聴かせていただきましたが、演奏も音質も申し分なく、アナログの圧倒的な魅力を感じました。
誰もが知る名盤で、入門者向けと捉える向きもありますが、決してそこに留まるものでは無く、何度聴いても飽きのこない超名盤だと思います。
最近のJAZZにも良いものはありますが、やはりJAZZは50〜60年代の作品に本質があるように思います。
JAZZ好きを自負されるRANZANさんなら昔から多くの作品を聴いてこられたと思いますし、名盤もよくご存知ではないかと思います。
出来ましたら、たまにはそんな作品のご紹介もお願いします。

ELPEAMAN
投稿日時: 2014/11/19 11:25
一人前
登録日: 2008/2/17
居住地:
投稿: 100
Re: よき時代にタイムスリップ!
Rollins「サキコロ」ネタを目にしたので一言。
この作品、決して軽くないです。確かに初心者向けにはちがいありません。メロディーがキャッチーな"St. Thomas","Moritat"が入っていますから。しかし、"St. Thomas"でもテーマ後にRollinsがアドリブを始める直前、まさに出だしを考えているかのように音を鳴らしています。ここにすこぶる緊張感を感じます。また"Blue Seven"でのベース・ソロのスタートからアンサンブルになっていくまでの時間、ここでもスリリングな気持ちにさせてくれます。このあたり、名盤と言われる作品の重要なファクターではないか、と思っています。

同様に言えば、例えばMiles Davis/Kind of Blueも1曲目のスタートではとてつもない緊張感を感じます。しかしKさん宅で初めてオリジナルLPで聴かせていただいたときのKind of Blueは忘れられません。我が家ではそこまで感じられなかったですから。

まとまりませんが、名盤は時代を超えるものだと思います。
RANZAN
投稿日時: 2014/11/21 13:03
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2009
Re: よき時代にタイムスリップ!

SACD盤で聴くMiles Davis/Kind of Blueのミュート奏法はすざましいく、その音場空間を切り裂いていく音質は見事なもので、オーディオ的にいってもDavisの情熱が伝わってくるようです。

ミキシングで協調されている感は否めないですが、個性的でメリハリがあり、明快、華やかさ、艶や、乾いた空気感等を呼び込んでくれるところに感動され、ジャズ&オーディオファンの野心を擽るのです。


管理人K
投稿日時: 2014/11/21 22:25
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1651
Re: よき時代にタイムスリップ!
RANZANさん、zappa1993さん、ELPEAMANさん、皆様、こんばんは。

ミキシングで強調されているのは「Round about midnight」ですね。
完全なるマイルスの「俺様ミックス」と化しています。何しろミュートトランペットなのにコルトレーンのサックスよりも音がデカイのですから。

マイルスはマラソンセッションの作品でもこの俺様的傾向が強いですが、Kind of Blueは割と自然な音量と音像の大きさにて収録されています。この辺がスタジオ内の緊張感を伝えることに成功している要因なのでしょう。
RANZAN
投稿日時: 2014/12/8 16:05
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2009
Re: よき時代にタイムスリップ!
皆さん
  こんにちは。

これは半世紀前の録音であり、ジョン・スタフォードがこれも60年代という、まさにタイムスリップしたかのような、深く懐かしい世界を聴かせてくれるのです。

≪ アズ・タイム・ゴーズ・バイ/ジョン・スタフォード ≫

ジョン・スタフォード(vo)
ウォーレン・コビントン(tb,vo)
ザ・バイド・バイパーズ(cho)
ザ・ガスライト・シンガーズ(cho,)
ビリー・バーブランク(arr)

XQAM-1050

1)アイ・ビリーヴ・・イン・ユー
2)アズ・タイム・ゴーズ・バイ
3)コルコヴァード
4)アイル・ビー・シーイング・ユー
5)9月の雨
6)サムホエアー・マイ・ラヴ
7)ピープルアズ・タイム・ゴーズ・バイ
8)ア・ゴースト・・オブ・オブ・ア・チャンス
9)荒れ模様
10)トライ・トゥ・リメンバー
11)世界は愛を求めている
12)銀色の糸
13)ザ・バーティーズ

ジョン・スタフォード、1960年代後半の録音ということで、そのマスタリングからのCD化によって、その巧みな歌唱力に驚くのです。
これは懐かしい歌声であり、当時はその美貌と透明に伸びる美声に魅せられたのです。
その頃はアメリカの国民的歌手であり、世界中に人気を持ちドリス・ディ、ジュディ・ガーランドらと人気を分かち合っていたのです。

どこまでも透明感のある歌声は鮮烈に響く歌声は伸びやかで色っぽく、ジャージな感じをよく出して歌っているのです。その絶妙な歌心と小気味よいジョン・スタフォードの格好よさが上手く生かせれているのです。
これは往年のアメリカの一つの時代を象徴しているといってよく、その細やかな情感あふれる歌声はお茶の間のアイドル的存在であり、ラジオで人気があったといわれていて、持ち前の明るい歌声で可憐に楽しませてくれたのです。

当時、誰もがよく知るあの目が大きく、美しく澄んだ声量が溢れんばかりにリスナーの耳元に優しく歌いかけてくる歌の巧妙さと抜群の音程と声力にかけては、他ボーカリストを圧倒しているようであり、タップリした歌い方になぜか癒される瞬間でもあるようです。
これからの寒い夜に聴くにはもってこいの曲ばかりで、心が温まりこうして全曲じっと目を瞑り静かに耳を傾けていると、あたかもあのよき時代にタイムスリップしたかのように、ハッキリと脳裏に甦るのです。
バラエティに富んだアクセントも非常にクリアに表現しており、ジョン・スタフォードの豊かなボイスが魅力で、サウンドのサポートも見事です。

現在の録音と比べると音質は致し方ないところですが、それは当時最高メンバーのオーケストラを配して、また録音技術の粋を駆使し、お茶の間にスタンダードとして親しまれた名曲ばかりを収録されているのです。


RANZAN
投稿日時: 2018/8/2 13:45
長老
登録日: 2008/2/16
居住地:
投稿: 2009
ジャズはおしゃれ!

皆さん
  こんにちは。

ジャズを語るとき「ジャズはおしゃれ!」と、いっているのです。

しかし、皆さんが思われているような、ジャズは決して敷居が高いものではありません。
各ジャズ・ミュジシャンが演奏する生命感あふれるジャズは親しみくやすく、生命感たっぷりに
伝わってくるのです。

タイムスリップすると見えてくる、その名前だけならご存じでしょうが、あのルイ・アームストロングの
嗄れ声はあまりにも有名ですが、その名曲の数々はいまだ伝説的な有名アーティストたちに脈々と歌い
継がれているのです。

トランペッターの巨匠、マイルス・デイヴィス、ピアノのビル・エバンスといったジャズとアフリカ系
アメリカ人のアイデンティティが多くの人々の繋がりに拘り、自由を求めて進化し続けている!
それがジャズではないでしょうか。

オーディオは勿論のこと、ジャズにおいても一生涯の友となるでしょう。



« 1 (2)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

shin 2018/8/17
Penta333 2018/8/17
guri 2018/8/8
koushi 2018/8/8
みかん 2018/8/8
MTar 2018/8/8
ycp001 2018/7/26
MacBS 2018/7/19
仔馬 2018/7/12
GSE23 2018/7/11

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...