掲示板トップページ
メイン
   [00-06]アナログレコード
     アーム側L型 RCA フォノケーブル
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
北のノッポ
投稿日時: 2018/6/12 15:55
半人前
登録日: 2008/3/22
居住地:
投稿: 35
アーム側L型 RCA フォノケーブル
トーレンスTD127向け L型プラグ「アコースティックリヴァイブ」フォノケーブル(ANALOG-1,2Triple C-FMシリーズ改)を作ってもらいました。
SME3012Rにフォノケーブルを接続するには、窮屈な作りなんです(^_^;
いままでO社の精密導体ケーブル(雑誌等でよく紹介されているブルーのフォノケーブルですね)−O社にL型プラグ特注−で多いに満足して数年。過日のPL-50L鬚離侫ノケーブル交換で、再生音が大きく変わりました。
さらに欲深い(苦笑)私は、管理人Kさんへ「SME3012Rにはアーム側がL型プラグでないと上手く装着できない」相談とお願いしたところ、「作りましょう」と言うことで早速作って頂きました。

アコリバ社(ファインメットビーズは送り元のL型の方に装置したそうです)のものに換えたら、これまでなかった力感が向上し、また解像度も高まりました、上下レンジも拡大しSN比も向上したせいでしょうか、空間表現脱帽ものです。
また締まった低音、シンバルやブラシワークの明晰さ鮮やかです♪
手持ちのMCカートリッジの個性もそれぞれ引き出してくれます(*^^)/

PL-50L髻30年もののDD方式・オイルダンプアームです=どっしりとした押し出し感の良い再生音。

一方トーレンスTD127=30年もの(かな)ベルトドライブ・スプリングサスペンション・SME3012R=フラットな中にも広がり表現が美しい再生音。ケーブルが揃って、2つのプレーヤーの違いに感心している日々です

カートリッジから拾った音(リード線は主にリードワイヤーの匠様の各種作品。AT-OC9/鵑砲Absolute - LEAD WIRE)をしっかりとしたアコリバのフォノケーブルを経由しています。

この2台を使い分けつつ、レコード再生にどっぷりはまっている私です(*^^*ゞ




緑のバナゴン
投稿日時: 2018/6/16 1:10
常連
登録日: 2013/5/8
居住地: 埼玉県
投稿: 41
Re: アーム側L型 RCA フォノケーブル
北のノッポさん こんばんわ

PL-50L2のケーブル交換の話「おー!トーンアームだけ送ったんだ。で、メインはトーレンス・・・うちより上級者」と思っていたところ、続けてのフォノケーブル交換!!思い切りましたね。というよりケーブル交換やリード線交換後の音の違いを聞いちゃうと、もう止まらない・・・この流れ、昨年我が家でも実感、よーくわかります。

これからエージングが進んでだんだん音が変わっていく様子また教えてください。
北のノッポ
投稿日時: 2018/6/19 13:41
半人前
登録日: 2008/3/22
居住地:
投稿: 35
Re: アーム側L型 RCA フォノケーブル
緑のパナゴン さん
こんにちは!

はい、2台共と思い切りました(笑) おかげで、サブ・メインの差異はほとんどなく(あるとすれば、駆動方式やアーム など)、両方で楽しんでいます。

はい、私も「ケーブル交換やリード線交換後の音の違い」を聴いてしまうと止まらなくなってしまいます。

さて、交換後けっこうな日数が経った(エージングが進んだ?)せいか、最近は両方とも低域の出方が締まったまま「グッとくる」ようになりました。中域〜高域は、より伸びやかで盤の音をよく拾い上げてくれるようになった(情報量が増した)と思います。もちろん高解像度のままにです。艶やかさも増したように思います。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

stx 2018/9/20
GNkus 2018/9/4
コージー 2018/9/4
nally 2018/8/28
Bohm 136 2018/8/28
naga 2018/8/28
shin 2018/8/17
Penta333 2018/8/17
guri 2018/8/8
koushi 2018/8/8

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...