掲示板トップページ
メイン
   [10-05. 吸音材 端子類 切り売りケーブル]バイワイヤーアダプター BWA-4
     バイワイヤーアダプターBWA-4を導入記
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
はにりいと
投稿日時: 2018/3/16 1:53
新米
登録日: 2014/3/31
居住地:
投稿: 2
バイワイヤーアダプターBWA-4を導入記
バイワイヤーアダプターBWA-4を導入記

当方のシステムは少し特殊なのですが、近い構成のシステムをお持ちの方の参考になればと思います。

システムは下記のような構成です。
SP:LINN Majik Isobarik (4Wayのシステムであり、クワッドワイヤ(アンプ)が可能なよう端子が4組付いています。)
AMP:LINN Akurate 4200 (4chパワーアンプです。)1台使用。
SPケーブル:Acoustic Revive SPC-TripleC 2m 4芯バイワイヤ仕様
AMPはBASSに1ch、その他の3帯域はまとめて1chを割り当て、バイアンプ駆動としています。

ここからが重要なのですが、
接続方法はSPのBASSとTWEETER端子にはAMPの出力をそのまま、MIDとS.TWEETERにはSPC-Referenceを10cmに切ってジャンパー線とし接続していました。ちなみに、SP側の全ての端子にアコリバのバナナプラグを使用していました(います)。
これを、BASSの接続は変更せず、TWEETERに接続していたSPC-TripleCにBWA-4を接続し、そこに20cmのSPC-TripleCの芯線3本を接続しMID、TWEETER、S.TWEETERに接続し、ジャンパーケーブルを排除しました。BWA-4はバイワイヤーを想定しているのだと思いますが、2個しかのSP側の接続部がありません。当方の場合は一つの接続部に2本差し込み、両方で3本としました。SPC-TripleCの芯線は細いので、2本挿入しても確実に固定できました。また、BWA-4とSPの間に使用したSPC-TripleCの芯線の長さは20cmです、

問題の音についてですが、驚きました、聴感上の歪感はほとんど消え去りました。いままで、スピーカーの限界と思ってあきらめていた部分が、たったひとつのアクセサリーで大変貌を遂げました。具体的にはヴァイオリン〜ビオラ〜チェロのそれぞれの音がなめらかにつながり、今まで聞こえていなかったホールの余韻もしっかり聴き取れるようになりました。その他、ピアノの響も大変きれいになりました。最大の恩恵を受けたのは木管楽器の音でしょうか、こんなにも、楽器の音色がきれいで、こんなにもハーモニーがきれいで、こんなにも余韻がきれいになるとは想像できませんでした。

SP付属のジャンパープレートからSPC-Referenceのジャンパーケーブルに替えたときも良い方向に改善したのですが、こちらは次元の違う音です。電気の知識がありませんので、いったいジャンパーケーブルとバイワイヤーアダプターBWA-4を使用したときとで電気的に何が違うのかがわかりません。このためBWA-4自体があまり多くのオーディオマニアに理解されないのではと危惧してしまいます。音の改善度を考えると大変安価な製品だと思います。

LINNの様にSP端子がユニットごとに独立しているSPをお持ちの方はやってみる価値大だと思います。もちろん、ch分の高価なケーブルをそろえられれば、それに越したことはないのでしょうけれど。
kanoa
投稿日時: 2018/4/1 23:35
長老
登録日: 2016/3/26
居住地:
投稿: 214
Re: バイワイヤーアダプターBWA-4を導入記
はりにいとさん、こんばんは。

はじめまして、kanoaと申します。

BWA-4導入おめでとうございます。

>問題の音についてですが、驚きました、聴感上の歪感はほとんど 消え去りました。いままで、スピーカーの限界と思ってあきらめ ていた部分が、たったひとつのアクセサリーで大変貌を遂げまし た。具体的にはヴァイオリン〜ビオラ〜チェロのそれぞれの音が なめらかにつながり、今まで聞こえていなかったホールの余韻も しっかり聴き取れるようになりました。その他、ピアノの響も大 変きれいになりました。最大の恩恵を受けたのは木管楽器の音で しょうか、こんなにも、楽器の音色がきれいで、こんなにもハー モニーがきれいで、こんなにも余韻がきれいになるとは想像でき ませんでした。

BWA-4を使うことで、混濁がなくなり埋もれてしまっていた音やホールの余韻も心地よく聴こえるようになったんですね。私もBWA-4を使ってバイワイヤーにした時に感動を覚えた一人です。(笑)BWA-4はSPの性能を最大限に活かしてくれる製品だと思います。
管理人K
投稿日時: 2018/4/2 21:37
管理人
登録日: 2007/12/10
居住地:
投稿: 1630
Re: バイワイヤーアダプターBWA-4を導入記
はにりいとさん、kanoaさん、皆様、こんばんは。

BWA-4ご購入頂き誠にありがとうございます。

絶大な効果が発揮されたようで何よりでございます。

BWA-4ですが、音質だけでなく、電気特性的にも大きな違いがあります。
BWA-4使用による逆起電力減衰データをご参照下さい。
http://acousticrevive.jp/portfolio-item/%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%82%bf%e3%83%bc/
上記のデータはツィーターとウーファーの2wayスピーカーにて計測したもので、ジャンパーを外しBWA-4でバイワイヤー接続するだけでウーファー側端子からツィーター側端子へ流れ込む逆起電力が劇的に減っているのが判ります。

はにりいとさんの4Wayスピーカーシステムや3wayスピーカーシステムにおいては高域低域だけでなく、各帯域のユニット間の逆起電力や干渉が減って劇的な音質向上効果をもたらずことになります。

元々バイワイヤーは東芝の特許でバイアンプで高域と低域のユニットを分けて駆動することでユニット間の干渉を無くすというものでした。
つまり、3wayや4wayスピーカーシステムではマルチアンプ駆動をしたのと同様の効果がトライワイヤリングやクワッドワイヤリングで実現出来るということで、劇的な効果が得られるのも当然のことなのです。

巷ではいまだにバイワイヤーの効果が浸透していないのが残念です。
これはきちんとバイワイヤーによる理論や効果を説明出来ない(しない)雑誌や評論家の責任ですし、誤ったネット情報も諸悪の根源です。

バイワイヤーやトライワイヤー、クワッドワイヤーのスピーカーシステムをシングルワイヤーで接続している限り、本来のパフォーマンスが発揮出来ないばかりか、ジャンパー使用により音質劣化させてしあまっているという事実はいつになったら浸透するんでしょうね?

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 

新しい登録ユーザ

prop 2018/6/19
tx2 2018/6/11
sasuke1951 2018/6/11
Ackie03 2018/6/7

RiKKiE
2018/5/30
もち 2018/5/29
tomiyama 2018/5/22
イチロー 2018/5/17
fururu 2018/5/8
NAKAWAKI 2018/4/26

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...