●寸法:542W×462D×64H(mm) 接地面480w×400D(mm)
●価格:34,000円(1枚/税別)


2004 ビジュアルグランプリ 受賞



理想的な振動処理

アンダーボードとしての理想的構造はスピーカーから発生した振動をいかに床に伝えず、また逆行振動を発生させないことです。ボード内部にどのような制振素材、構造をとったとしても振動はボード表面を伝わって共振させてしまいます。また、床の共振はボードからスピーカーへと逆行し、スピーカーの再生音を著しく汚してしまいます。

YST-64はポリプロピレン粒子充填材の上にトップボードが載るフローティング構造をとっているため、スピーカーから発生した振動はオード表面を伝わることなく、トップボードからポリプロピレン粒子充填材へと伝わり、ポリプロピレン粒子が振動を熱エネルギーへと変換することにより素早く吸収、消滅させます。

当然、床へ伝わる振動もほとんどなくなるため、逆行振動による影響もなくなり再生音は非常にクリアなものとなります。



音質を落とさず大幅にコストダウン!

前作RST-64はアンダーボードとして、その圧倒的な振動処理能力、高音質が評価されてきましたが、あまりに高価な素材と非常に手間のかかる製造法(組立工程)のため1枚¥60,000と高価なものとなってしまい、その値段でもコストが合わず残念ながら生産中止とせざるを得ませんでした。

そこで、音質を落とさずコストを大幅に抑えることを検討した結果、ユーザー個人が組み立てる構造をとることにより、まず組立製造コストをカット。

さらに、トップボードを航空レベルアルミ合金+黄銅製からフィンランド製バーチ合板に変更することにより、音質を落とさず素材のコストダウンに成功。1枚¥35,700という驚異的なコストパフォーマンスを実現しました。




耐荷重は100kg以上!

YST-64は、フローティング構造といっても質感的には完全に強固なリジッドです。

100kg以上のスピーカー、機材を載せても全くぐらつくことなく強固に支えることが可能です。それでいて、振動処理能力は他の追従を許しません。




ユーザーの工夫、好みにより様々な調整が可能!

今回、YST-64に新たに採用した素材は、当社としてコストから見た音質に最適な素材を各種採用していますが、お客様の好みより例えば、トップボードを他の木材や金属板に、充填材を砂や鉛、米など他の素材に変更して音質の変化を楽しんで頂くことも可能になっております。