トップ > アンダーボード > エアフローティングボード[RAF-48H]

商品カテゴリ

エアフローティングボード RAF-48H

空気で究極の振動抑制効果を実現!ボードとキャビネットに高音質素材のヒッコリーを採用しました。

エアフローティングボード[RAF-48H]

仕様
■本体寸法 486W×436D×約55H(mm)
(空気充鎮時・端子含まず)
■天板寸法 447W×397D×20H(mm)
■重量 約5.5kg
■対加重 最大60kg
■価格 120,000円(税別)
空気入れ付属
(ポンプの色は黒・白いずれかが付属)

受賞歴

  • VGP2015オーディオ・ビジュアル・アワード VGP2015 受賞
  • 2013 オーディオアクセサリー銘機賞 オーディオボード部門 金賞2013 オーディオアクセサリー銘機賞 オーディオボード部門 金賞
  • 2010オーディオ銘機賞アクセサリー部門TOP賞2010 オーディオ銘機賞 アクセサリー部門 金賞
  • 2010ビジュアルグランプリ受賞2010 ビジュアルグランプリ
  • 2009 Swing Journal ジャズ・コンポーネント・アワード受賞
  • 米国StereoTimes誌MostWanted Components2009Award受賞2009 米国 Stereo Times誌 Most Wanted Components Award

究極の振動遮断特性 エアフローティングボードを安価に実現

空気でオーディオ機器をフローティングすることで、究極の振動遮断特性を実現したエアーフローティングボード RAF-48。

2010年オーディオ銘機賞アクセサリー部門TOP賞に輝いたRAF-48が、天然素材をヒッコリーに変えてRAF-48Hに進化しました。

天板をバーチ合板からヒッコリーに変えた事で、より低重心で躍動感に溢れた生々音質に向上しました。

RAF-48Hは電子顕微鏡台などで使用されているエアーフローティング構造をリーズナブルな価格で実現。空気

はバネやゴムなどあらゆる制振材と比べても、圧倒的に振動遮断特性が優れています。

RAF-48Hにオーディオ機器を設置すれば、設置面からの振動をほぼ完璧に取り除くことができます。その結果、一般的な構造のボードとは比較にならないほどS/Nが高まります。

ヒッコリーボードとの相乗効果で歪みや付帯音が減少し、透明度や音質の向上、また、位相特性まで改善されるため、サウンドステージが広く・深く・高さまで再現される立体感豊かな 音場再生が実現できます。

耐加重は最大60kg。空気補充も簡単

空気の補充は機材を乗せたまま、RAF-48H全面の空気注入口から付属の空気入れで簡単におこなえます。

どのエアフローティングボードも毎回の空気補充が必要

小型空気入れ

で、その多くはコンプレッサーなど大掛かりな装置が必要でしたが、RAF-48Hは付属の小型空気入れで簡単に補充できます。

エアフローティングボード

天板、キャビネッ トには高音質素材を採用

エアーフローティングやマグネットフローティングなどで外的な振動を遮断しても、オーディオ機器が接する部分の素材は必ず再生音に影響します。

これはCDプレーヤーやアナログプレーヤー等のモーターの振動、あるいはアンプ内を流れる電流に起因する振動が、天板から機材に戻る事で発生するものです。

ガラスやアクリル板、安価な合板などを使ったボードが、低域が痩せた軽い音になってしまうのはこのためです。

RAF-48Hでは天板とキャビネットに音響的に優れたヒッコリーを採用。有機的で生々しく、低域が強靭で雄大な音質を実現しました。

エアフローティングボード

ラップ内にも入るコンパクトサイズ

RAF-48Hは非常にコンパクトな寸法に仕上げておりますので、これまでのエアーフローティングボードやマグネットフローティングボードのようにラック最上段に置いた機器だけでなく、棚板間に設置した機材にも使用が可能です。

これにより全てのオーディオ機器にRAF-48Hを使用する事が可能になりました。

全ての機器をエアーフローティングすることで、これまで経験した事のない優れたS/N比を達成、圧倒的な情報量の立体音響が再現されます。

RAF-48H