米国「ステレオ・タイムズ誌」
RCA-1.0PA・XLR-1.0PAⅡが
超ハイエンドケーブルを凌駕!

原文はこちらからご覧下さい。

VH1MR 1.0m Pr ¥500,000(税別)VH1MXLR 1.0m Pr ¥510,000(税別)
アコリバのRCA-1.0PAおよびXLR-1.0PAⅡ(Special Edition Single Core 以下SESC と仮称します)と他のケーブルとの比較試聴するにあたり、1ダース以上のケーブルを聴き比べる手間を省く為の最良の方法を私は採用します。
それは、既にケーブル界の最高峰との評価を得ているケーブル - Nordost ValhallaのVH1MR & VH1MXLRと聴き比べる事です。
他のケーブルは クオリティ的にValhallaの領域には遙かに届かないものや、メーター当たり $4330.(Valhalla の米国価格)以下のものばかりですので、省略しても問題ないでしょう。
これは云わば、既に世界的に最高評価を確立している XLRケーブルと、方や 今後高評価されるかも知れないRCA/XLRケーブルの比較と云う事になります。

SESC の価格は Valhalla とはかけ離れていますが、実際の音質は$1995/m と云う価格とは思えないハイエンドの位置にランクされるでしょう。

※日本国内価格はNordost Valhalla VH1MR 1.0m Prが ¥500,000(税別)VH1MXLR 1.0m Prが ¥510,000(税別) ACOUSTIC REVIVE RCA-1.0PAがPr¥74,000(税別)XLR-1.0PAⅡは¥98,000(税別)になります。

Valhalla のずば抜けた評価はその透明性、解像度、ダイナミックな鋭さ、および総合的な忠実度に於いて確立されています。
それに対して SESCは試聴開始当初、僅かに明るさを欠いている様に聞こえました。
高解像度ではバルハラが勝る様に聞こえたのです。

しかしValhalla の方がどうして良く聞こえたのか、その理由はすぐに判りました。
SESC のその常識を超えた太さの単線導体の為、通常の太さの撚り線導体を使用したケーブルより遙かに長時間のエージングが必要な事を無視した為でした。エージングの結果は明らかでした。
Valhalla と SESC の間に重要な音の違いが見られました。
SESC の音はValhallaよりも引き締まっていて、それでいてデリケートで有るべきところはよりデリケートに表現します。

結論としてSESC は現在世界最高峰の価格とクオリティと評価出来るNordost Valhallaよりも透明性、解像度、空間表現、およびダイナミックな鋭さに於いて優れています。
中域主体の良くバランスのとれた空間で有り、そこには濃密な空気が感じられる素晴らしいものです。
アコリバのRCA-1.0PA・XLR-1.0PAⅡは世界最高クオリティである事を証明しただけではなく、その最高クオリティが驚異的なコストパフォーマンスで実現出来る事まで証明してくれました。