トルコのコミュニティーのフォーラム Techno-fiでのUSB-1.0SPSレビュー

原文はこちらからご覧下さい。


拝啓 皆様 USBケーブルを使うという事について、これまで賛美の歴史があったとは正直いえない。DNAユニットは通常、BNCやその他最適なパフォーマンスを実現するとされている同軸のものを使うため、たとえ試しにやってみるという場合でも、USBケーブルを使った事は無かった。

技術的な事をいうと、確かに様々なDACユニットは他のデジタル出力の前につなぐ一番はじめの要素だと捉えられる。一つ重要な事は、USBインターフェイスユニットと処理されるデジタルデータというものは、常に求められるという事だ。例えば、私は同軸のインプットにHegel HD20'yiを利用している。


このため、DACとコンピューターと、デジタルデータ処理のために私には正確な時間間隔(time interval)制御を行うインターフェイスが必要となる。


多くの製造メーカーは、費用面で、DACインターフェイスを重視する。間違ってもサンプラーではない。 これは、もちろん、より良いサンプラーの音質を求めるリスナーが他のデジタル入力を薦めるからだ。これらの理由から(もしくは少しの思い込みから)USBケーブルによる環境は、そこには何ら良い点は無いものだというように信じられてきた。

アコースティックリバイブのUSB-1.0spsケーブルは5つのポイントでこれらの憂慮に応えている。まず行儀良く値札をあなたが見たとき「ヘッドフォンシステムがない状態がこの価格であり、音楽を楽しむ事が何より重要だ」というふうになる。私は躊躇しなかった。箱の中に手を入れ大体$750をUSBケーブルに支払ったのだ。ケーブルは通常とは異なる構造をしており、これまでのどんな経験からも分からない、シンプルには言い表せない様子である。


電力とデータ送信の通路は二つのチャンネルに分けるようにデザインされている。ノイズ源を可能な限り隔離しており、これこそがデータ送信というものだ。またシングルコアの銅線は早く厚い素材として好まれる。このケーブルであなたは早く、ダイナミックなデータ送信が可能になる。事実として、USBポートに指す電源ケーブルではなく、バッテリーに直接的に電力を供給する際に、私はこんな風には出来なかっただろう。


本当のところの理由は分からないが、2つ以上のUSBポートに刺すとき、あなたはこれらを使えるようになる。まずはこれをやった。すると私は、音響システム全体を調整、テストし、すっかりとそれらに舌を巻いた。こんなアツく、それでいてうっとりするようなボイスに出逢えるとは、全くもって想像していなかったのだ。USBケーブルに関する技術的な事のあれこれはさておき、私はこれほどまでに自然に、ストレスフリーにこれらのサウンドを得られる事に驚いたのだ。Dhlabs D75や、要するに価値が高いhiface2 duoの「デジタル」さと「ファンシー」さを、私は保持していると言ってよい。


アコースティックリバイブのUSB-1.0spsのプレゼンテーションはこれまで聴いたどんなものとも違った。私はこれまで既存システムのdigital音の汚染を無くすことに長く時間を使い働いてきた。出来る限りフォーラム(情報交換の場)で最新情報をシェアした。しかしこのシングルなUSBケーブルによって、全てのçabamda(注目すべきレベルのアナログオーディオ)をよりクリーンにするために、私を深い思慮の渦に連れて行った。言語化された技術情報は不十分で、あるとされている高いレベルのジッター(電気信号の望ましくない変動)について、過去の製品や、一本のケーブルや扱いやすいアナログオーディオについて同軸アウトプットUSBインプットについて低いパフォーマンスと言われつつもその使用方法について深い注意が払われていなかった。


そうして我々は常に技術的なルールとつるんでしまい、より良いサウンドを求める事を実現できなかった。アコースティックリバイブのUSB-1.0spsは長期に渡って、私があなたに口で伝えられるだけの退屈な事とは違うプレゼンテーションを聴かせる。Upper Frequency Bandやコントロールされた特性よりも暖かい。Diningは重要で、Frequency bandは最もハイピッチサウンドに応答する高いエネルギーを含む。それゆえに、シグナル音声やノイズによる汚染はこのような効果の最初の結果として現れる。色がむき出しになったレゾナント特性はTreble Soundを、鈍さやアクセスできないコントロール環境といった外部の影響から解放する。


色彩豊かなキャラクターを持ち人工生命とも言えるこのスペースは、ステージの深度と楽器が包みこむ3次元的な音の広がりとの隙間を無くす。これは明らかな改善である。


音響システムを構築する代わりに、データ洗浄を行う代わりに、多かれ少なかれいつものアップデートのようなものを行いながら、音響システムはそのままが良い。この意味で、私はhiface2やdhlabs d75'inが洗練されたものになると言わなければならない。(もちろん比較が理解出来たものとする)


ここで、hifaceを使う場合ケーブルのインターフェイスで恐らく問題が怒るだろう。しかし 「アナログ」のAcoustic Revive USB-1.0sps は正確に遅れをとって声を届ける。また別の面では、どんどん増強される豊富な倍音は同軸ケーブルには送られないと言える。これはこれまでより少しエネルギーに溢れた構造だ。またこれは私の聴覚の最下部により際立ったサウンドを届かせる。ここで、Hegel HD20がUSBのインプットを限定された技術インフラとして提供している事を忘れるわけにはいかない。サンプリングのパフォーマンスは他のデジタルインプットに隠れるだろう。


従って、DACと同じ全ての設定はセオリー的にはより良い同軸ケーブルのインプットのパフォーマンスを提供し、これらは大抵の場合良いものだとされる。もちろん、より高いレベルのインターフェイスは与えるのは結論的に設備の問題から難しい。Acoustic Revive USB-1.0spsはUSBのインフラを使うという点でほぼ完璧な道を示す。この状態は、価格面においてさえ特別なこととなる。


早くから、私が挑戦した良いUSBケーブルとの比較は不可能だと感じた。長い時間が経つにつれ、多くの驚きと同じようなことが長いリスニングにおいて起こらなかった。しかし私は大体のミドルクラスのもの、それらは全ての高品質なUSBケーブル(あなたが違いについてコメントが出来るくらいの)だが、のレベルについてトライをした事は確かだ。価格において私は多くのコメントを差し控えたい。もちろん私の予算においてあるコストは必要だ。しかし、予算が$500なら、$250のお金をこのケーブルが必要とするという事だ。あなたが違いについて気付いたとして、何パーセントの違いがあるかは問題ではない。結果は良くなり、私はこの状況では、違いは全くもって大きいと言わざるを得ない。


誰が特定の答えを用意すべきか、誰があるシステムをUSBケーブルと一緒に使いたいのか、またベストなソリューションを探す人全てに推薦するべきか。私のように、もし試しにというように予算にものをいわせるような事が出来ない人だろうか。音楽を聴く全ての時においてテクニカルデータの事を言う場合、セオリー的な面のビジネスは非常に良いデモとなる。インフラ面において、これは非常に繊細な問題で、特にハイエンドのUSBは全く持って異なっていると考えられる。結果として、Acoustic Revive USB-1.0spのUSB busは、限界を広げる一つの非常にすぐれた選択肢となりうるだろう。このようなcableを試す機会を提供してくれ彼らチームのサポートに感謝を示したい。