Jeff's Place 2014.11.07
新入荷機材:Acoutic Revive

原文はこちらからご覧下さい。


今回取り上げる機材は、アコースティックリバイブのRR-888 Ultra Low-Frequency Pulse Generatorと、特筆すべき同社製のPC-TrippleCコネクターケーブルである。
多くの人が知っているように、私はc聡明な日本の石黒氏によって生みだされるAcoustic Reviveの製品について、多くのじ書く時間を費やしてきた。 実際に、他社製の製品のことより、Acoustic Reviveについて多くの時間を費やしてきたと思う。

なぜか?

一番目の理由としては、Acoustic Revieのアクセサリーは私のオーディオとの相性がとてもいいこと。そして、いつも理想通りも改良された製品が発売されること。2番目の理由としてアコースティクリバイブのクオリティーは他と比較できない。三番目としては、アコースティクリバイブは他のメーカーが考えたことがきっと考えたことがない方法で商品を頻繁に改良する。つまりユーザーのオーディオシステムの不可能が可能になる。

何か欠点はあるのだろうか?一般的に少々高値であること、しかし、一度アコースティクリバイブの商品を買ってみたら、その価格にも納得が行くだろう。その他の欠点は、一度試したら、もっとほしくなってしまうことだ。もしあたなが、私が書いた6MoomsとPositive Feedbackの数年に及ぶ記事と写真をみたら、私のHi-Fiシステムは、アコースティクリバイブだらけだ。アコースティクリバイブには中毒性がある。



RR-888 Ultra Low-Frequency Pulse GeneratorはRR-777(まだ生産中だが)のアップデートバージョンで、波形の正確性と音質改善装置が改良されている。また、カラーがシルバーからゴールドに変更になった。



RR-777や以前のRR-77同様、RR-888が7.83Hzのシューマン共鳴波を作り出し、リスニングルームを混濁のない音場に変え、それゆえS/N比をよりよいものとする。 この興味深い装置があなたの脳と耳にもとても効果敵だと私は保証できる。

はじめ発売されたRR-77、そして次のRR-777、今回のRR-888は常に私のお気に入りのオーディオ機材だ。RR製品の過料は、リスニングに些細ではないものをもたらす。わたしは、Jeff’s Placeにやってくる友達や訪問者にデモンストレートするのを楽しみにしている。彼らが初めてRRが生み出す効果を実感した時の戸惑った顔をみるのを楽しみにしている。もしあなた一つだけオーディオアクセサリーを買うなら、RRシリーズを買うことをおすすめする。

さて、少しの説明ではこと足りないが、アコースティクリバイブのケーブルラインナップのトップにPC-TripleCケーブルがついかされた。まだWEBページはないものの、下記がPC-TrippleCのカタログのコピーである。

カタログの右上のアートワークを見つけましたか?これは日本の鍛冶屋が侍の刀を制作している工程である。あなたはどうやってPC-TrippleCケーブルが作られたか想像できますか?侍の刀のように彫像され、形作られ折りたたまれたのだ。

アコースティクリバイブの海外販売店を担当しているよしさんが私に言うには、日本のCable Encyclopediaという雑誌の日本人の14人のジャナーリスト全員がアコースティクリバイブの新しいケーブルをベストケーブルの一つに選んだそうだ。 日本のオーディオシーンを席巻しているPC-TrippleCについて私はどんな騒ぎが起きているのかとても知りたい。

今後、私のLeben CS-600アンプとRS30EQフォノイコライザーにPC-TrippleCに接続して、次のPositive Feedback Onlineの記事にか開くつもりだ。

このJeff’s Placeに私の印象の断片といくつかのクローズアップした写真を載せようと思っている。構造のクオリティーも驚くべき仕上がりになっている。

それと、とてもいいニュースがある。Lotus GroupのJoen Cohenが再度Acoustic Revive製品をアメリカで輸入販売するようだ

記事をよんでくれてありがとう。音楽がより人を幸せに導きますように。