☆ディスク設置面裏のトルマリンパウダー塗布によるマイナスイオン効果をプラス!

●寸法:160W×198D×56H(mm) ●重量:650g
●価格:100V仕様 39,800円(税別)
   :200V仕様 48,000円(税別)


海外オーディオ雑誌 製品レビュー
米国「アフォーダブル・オーディオ誌」

1998 2003 オーディオ銘機賞 2003 ビジュアルグランプリ 受賞
特許取得!!特許第2942760号 米国特殊取得Patent Number 6.058.078
台湾特殊取得発明第110354号

前のページへ 1 2 3 4 次のページへ

●応用編(裏ワザ)
各種ケーブル、電源タップ、コンセントなどに使用することでAVシステム全体のクオリティを飛躍的にUPします。

帯磁によって音質や画質に悪い影響を及ぼすのは、DISK本体だけではありません。各種ケーブル類やコンセントなども磁気の問題を抱えています。
 ケーブルやコンセントに電流が流れると、必ずその場に磁界が発生します。
電流がストップすれば本来、磁界は消滅するわけですが、ケーブルの導線、コネクター、コンセントなどにも不純物として、さらには各部品として磁性体が使用されているため、この磁性体が帯磁してしまい各信号や電流に悪影響を与えてしまうのです。
やはり、どんなに高価なケーブルやタップを使用しても、この帯磁問題を解決しなければ宝の持ち腐れと言ってよいでしょう。

 しかしながら、今までのタイプの消磁器では構造上も機能上もケーブルやタップ類の消磁はできませんでした。

また消磁信号の入ったCDを再生することで各種ケーブルを消磁する商品もあるようですが、RD-3を使って直接消磁するほうがはるかに効果は大きいと言えます。
 そのほかRD-3は、CDスタビライザーや金属製部品、スピーカーターミナルなどの消磁にも活用できます。




●分析データ
■測定機器 CDプレーヤー …マランツCD-16SE パソコン …PC-98 Xa7 ソフト …サウンドテクノロジー社SpectraLAB

SPECTRA PROFETアナライザーの3Dサーフェイスビュー機能によるレベルと時間の3次元透視データ

1.1KHZ信号測定データ
(1KHZ正弦波のみの信号ではないため他の帯域の信号も出ています)
[図表示/別フレームで表示されます。]

まず消磁前のデータですが、1KHZの信号部分で正弦波以外の山が発生しています。これは、おそらくノイズ成分あるいは歪み成分だと思われます。同じく1KHZ部分で空白部分がありますが、これは読み取りエラーによる音声の欠損だと思われます。さらに、山が横方向に間伸びしていることから、音の立ち上がり、下がりが悪くなっていると考えられます。
 また、1KHZ以外の帯域でもバラつきや凹凸が発生するとともに、200〜800HZの間にはノイズや歪み成分ではないかと思われる小さな山が見られます。これに対して消磁後のデータを見ると、これらの現象がほとんど解決されていることが読みとれます。1KHZの信号部分にあった余計な山が消滅、空白部分もなくなり、山がきれいに揃っています。さらに、他の帯域の山がきれいに揃い 、200〜800HZの間のノイズと思われる小さな山も激減している事からSN比が良くなり歪みがなくなると共に音の立ち上がも非常に向上するという事になります。

2.音楽信号の測定データ
[図表示/別フレームで表示されます。]

消磁後のグラフの赤い丸のついた1KHZ〜5KHZのTime20秒付近を見ていただくと、明らかに消磁前より山の数が増えていることが読みとれます。これは、消磁により情報量が増えたことを意味しています。
つまり消磁後にはそれまで決して聞こえなかった音が聞こえるようになったという事が現実に起こるという事なのです。また、それぞれの山の高さが消磁後に高くなっているのは、各レンジが伸びたことを表しています。



3.音楽CDの各種測定データ
曲の最初から最後までの4分45秒間
出力レベルPWL(db)
全調波歪THD(%)
信号雑音比率SNR(%)
noYUMI
-13.36
72.11
2.047
UCYUMI
-13.36
71.75
2.117
RDYUMI
-13.94
70.99
1.866
noYUMI ・ ・ ・中古音楽CDをそのまま再生
UCYUMI ・ ・ ・上記CDを他社製品で処理して再生
RDYUMI ・ ・ ・上記CDをRD-3で消磁して再生

RDYUMIで出力レベルPWL(db)が低くなったのは、ノイズ成分が極めて減少したためと考えられます。一方で、アナライザーで確認すると各ピークレベルは逆に上昇しており、このことからRD-2で消磁することで音楽信号のレベルアップとノイズ成分の減少が図れることがわかります。更に歪み率も非常に減少するのもわかります。また他社製品(輸入品回転式磁石使用)で処理すると、静電気の発生および逆帯磁のためと思われるSN比の悪化が見られます。



4.CD-ROMにおける効果
消磁前でDISKのREADが590KB/s、総合が65点だった数値が、消磁後にはREADが620KB/s、総合点が69点と確実にアップしているように、RD-3はCD-ROMに対しても確かな効果が確認できます。またCD-ROM 、RAMに関しては 、使用していくうちに 、 「読めなくなる 」 「書けなくなる 」などの問題が発生しますが 、これらの問題はキズやDISK自体の不良以外に磁気(帯磁)による問題である事も多いようで 、中にはRD-2の消磁により回復する場合も多いようです。
.
READ(KB/s)
総合
使用前
590
65
使用後
620
69


前のページへ 1 2 3 4 次のページへ