米国雑誌「アフォーダブル・オーディオ誌」
評論家:アンソニー・ニコシア氏
REM-8 & RCI-3レビュー(RCI-3編)

原文はこちらからご覧下さい。

RCI-3は興味深いアクセサリーで一般的なケーブルインシュレーターのように単一素材で作られておらず、ただケーブルを浮かせるアクセサリーではない。インシュレーターそのものが共振を発生しない作りになっている。インシュレーターの共振が無ければ、インシュレーターの素材そのもの固有の音が音楽に乗らず、色付けがない音質向上が得られるというわけだ。本体は最高級メープル材と最高級エボニー材の組み合わせにより出来ており制振効果を発揮し、本体内部にはケーブルから発生する電磁波を吸収する効果がある天然鉱石が充填されている。その鉱石類は特殊制振材によって蓋がされている。今回のレビューの為に私の元に複数のRCI-3が送られてきたので、RCI-3単品はもちろん複数使用した時の効果の確認も出来る。まずは壁コンセントから電源タップに繋がっている電源ケーブルに1個試してみた。ここでは音にエネルギーが増し音にパンチが出た。次はアナログプレーヤーから出ているフォノケーブルに使用。ここでは音に透明度が増した。RCI-3は1個だけでも効果的だが、複数使用することにより相乗効果によりかなりの音質向上が期待出来ることが分かった。音は間違いなくよくなっている。奥行きが増し、音のディティールが増した為かシンバルなどがリアルになった。ピアノも鍵盤の一つ一つの音が明瞭になり透明度が増し、ボーカルもクリアになり音がスムーズになっていった。ここで一つのシステムにそんなに沢山のRCI-3が必要なのか?と疑問を感じる方がいると思うが、答えは「YES」だ。RCI-3は使えば使うほど、どんどん音が向上していく。

最後になったがREM-8とRCI-3は両方とも質が高く非常に効果的なアクセサリーである。REM-8はオーディオだけではなくAVでも楽しめるし、RCI-3は従来のようにスピーカーケーブルだけではなく、電源ケーブルやラインケーブルにも効果的。もちろんREM-8とRCI-3を併用した効果も更に音が生々しくなり素晴らしかった。ここで二つのアクセサリーのどちらがいいのか?と言われたら、答えを出すのに苦労するだろう。RCI-3は大きく音質を向上させると同時に外見的にケーブルを浮かせ格好よく整理させられるアクセサリーであるし、REM-8はオーディオにもAVにも非常に効果的だ。各々非常にユニークな製品なので、どちらのほうがいいと言った答えは出せないアクセサリーである。さて、ここでレビューを終わらせたい。なぜなら二つのアクセサリーで向上したオーディオシステムを聴きたいからである。では失礼・・・