トップ >  評論家篇

AV評論家の小原由夫氏のアコースティックリバイブレポート

アコースティックリバイブ レポート

私の仕事場のオーディオ/AV専用コンセントには、そのすべてにアコースティックリヴァイブのコンセントベースCB−1(生産完了、現行品はCB−1DB)が取り付けられている。06年の新築時に、関口機械販売に10個ほどを一括注文し、以来これ抜きでは我が家のオーディオ/AVシステムの電源系は成り立たない。S/N感、情報量が圧倒的に違うのだ。
アコースティックリヴァイブの製品の魅力、持味を語る時、私はこの「S/N」とか「情報量」というキーワードが真っ先に思い浮かぶ。これは、同社代表の石黒謙社長の性格が色濃く反映された結果と、氏と長く付き合っているとわかってくる。私はかれこれ15年ぐらいの付き合い・・・

小原由夫氏

小原由夫氏

出身地:東京都北区
現在地:神奈川県横須賀市


理工系大学卒業後、回路エンジニア、雑誌編集者を経て、1992年よりフリーランスのオーディオ/ビジュアル評論家として独立。
現在の仕事場には、200インチの大画面と大型フロアータイプスピーカーによる5.1ch環境を構え、実践に基づくハード/ソフトの評論を心情としている。