トップ >  A Taste Of Music Vol.6

A Taste Of Music Special Website - Peter Barakan / ピーター・バラカン

A Taste Of Music Special Website - Peter Barakan / ピーター・バラカン

profile

ピーター・バラカン
Peter Barakan

1951年、ロンドン生まれ。 ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在はフリーのブロードキャスターとして活動中。
「Barakan Morning」(Inter FM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK FM)、「CBS60ミニッツ」(CS ニュースバード)、「ビギン・ジャパノロジー」(NHK BS1)などを担当。近著に『ラジオのこちら側で』(岩波新書)、『ピーター・バラカンのわが青春のサウンドトラック』(光文社 知恵の森文庫)など。


公式ブログはこちら
twitter @pbarakan

information

ピーター・バラカンさんのイベント情報


◎2014年5月31日(土)
『Shimokitazawa SOUND CRUSING 2014』
東京・下北沢に点在するライブハウスやバー、カフェなどで繰り広げられる音楽イヴェント。バラカンさんがホストを務めるReG Cafeには中村マリ、濱口祐自、Rei、Arthur Foelerが出演します。詳細はこちら

Back Numbers

バックナンバーはこちらから >

A Taste of Music vol.06

A Taste of Music vol.02

  • Acoustic Revive
  • Cotton Club 様
  • LINN JAPAN 様
  • Syntax 様
  • Timelord 様
  • yukimu 様

robert fonseca

ピーター・バラカン “A Taste of Music”

comming


 これから来日するアーティストのお勧めライヴをご紹介するこのコーナー。今回は、アイルランドから久々にやってくるメアリー・ブラックを採り上げます(東京・丸の内COTTON CLUB)。アイリッシュ・シンガーとして、エンヤが出てくる前から活動している彼女は地元アイルランドではとても人気があります。トラディショナルな曲も歌いますが、いわゆるアイリッシュ・ミュージックを前面に押し出すわけでなく、基本的にはポップな曲が多いですね。この4月の発売されたメアリー・ブラックの新しいベスト盤『The Very Best of Mary Black』を聴きながら、彼女の歌について考えてみましょう。

ザ・ベリー・ベスト・オブ・メアリー・ブラック

『ザ・ベリー・ベスト・オブ・メアリー・ブラック』キングレコード KICP-1685

 このベスト盤の中で最も初期の曲は「God Bless The Child」(1983年)です。これはビリー・ホリデイの曲ですが、彼女のことをあまり意識せずに歌っている感じがします。しっかり自分で解釈しているけれど、素直に歌っていていいですね。
 ヘンリー・マンシーニ作曲の「Moon River」では、声を張るところと張らないところを上手く使い分けているのがわかります。
 ターニング・ポイントとなったのが1989年の「No Frontiers」です。おそらく、彼女の名前を聞いて多くの人が思い起こすのがこの歌い方でしょう。ちょっとカントリーがかったポップ歌手。でも、なぜか声そのものはとてもアイルランドっぽい。ある意味、古典的なポップ・ソングだと思います。上手い歌手がいて、そこにタイミングよくいい曲が持ち込まれて、歌手のことをよくわかっているプロデューサーがそれをいい感じで編曲して整える。するとこれがヒットするんですね。ポップ・ミュージックとはまさにそういう世界で、この曲のヒットはその典型的な例だと思います。彼女も、自分に合った曲に巡り会うのを待っていたんじゃないかな。

メアリー・ブラック

 これもまた有名なバート・バカラックの曲「I Say A Little Prayer」を歌っています。アリーサ・フランクリンとディオン・ウォーウィックそれぞれのヴァージョンがすごく知られているから、同じような編曲ではしょうがない。このヴァージョンは、アコーディオンとアクースティック・ギター、コンガという編成で、とてもシンプルに作ってあります。プロデューサーの手腕なのでしょうが、サラッとしていていいですね。
 「Thorn Upon The Rose」(1991年)は当時、JR東海のコマーシャル・ソングに選ばれたようですが、こういう曲ってよくありますよね。僕が“アメリカン演歌”と呼んでいるタイプの曲です。このタイプは日本の演歌もそうだけど、歌手で決まるんですね。僕もこの曲はメアリー・ブラックでなければ聴かなかったかもしれない。彼女は本当に上手ですからね。
 今日聴きながら思ったのは、この人のコンサートは、もっと大きなホールでやってもおかしくないということです。それが今回は、コットンクラブという聴きやすい会場で間近に楽しめるわけだし、来日公演はこれが最後かもしれないという情報もあるようです。ぜひ足を運んでみてください。

PB's Sound Impression

オーディオ用ケーブルの聴き比べを体験する


 今回の試聴が行われたのは、音に定評のある「bar bonobo」。一聴して、その音に対するこだわりが伝わってきます。それもそのはず、この空間には店長の成 浩一さんが「世界一音のいいミュージック・バー」を目指して採り入れた機材がいたるところに設置されています。ケーブル類にはACOUSTIC REVIVE製品が多く導入されているとのことですが、この日は同社の石黒謙さんが開発中のライン・ケーブルと電源ケーブルを持ち込んでくれたので、比較試聴を実施することに。登場したのは、銅素材に従来のPCOCCに変わる新素材PC-Triple Cを採用した試作品。我らがバラカンさんにも、取材用に持ち寄ったさまざまなCDでの聴き比べを楽しんでもらいました。果たして、ちょっとディープなオーディオ体験の印象は? まずはメアリー・ブラックの「No Frontiers」を聴いてみると……。

世界一音のいいミュージック・バー

「この曲では、ヴォーカルの実在感に違いがあると感じました。ケーブルの導体が違うだけなのに、どうしてこんなに音が変化するんでしょうか。不思議ですね」とバラカンさん。ボブ・ディラン「Duquesne Whistle」では、「ヴォーカルも演奏も、すべてが生々しくなりましたね。まるで彼がこの部屋にいて歌っているようです。これにはビックリしました」音楽の聴こえ方の変化をさらに楽しもうと、他の手持ちのCDもかけてみるバラカンさん。オーディオの奥深さを堪能してもらえたご様子でした。

  • 電源ケーブル
  • 出来たての新素材で作ったライン・ケーブルとプリ・アンプの電源ケーブルを付け替えてみる。「変わったのは導体の素材だけなんですが、それでいかに音楽が楽しくなるかをお聴かせします」と石黒さん。

  • ケーブル用新素材
  • ケーブル用新素材の説明を聞いているところ。

  • 観察するバラカンさん
  • ケーブル(試作品)を興味深く観察するバラカンさん。

  • 思わずこの表情
  • 音楽の聴こえ方の意外な変化に、思わずこの表情。

今回のリスニング・システム
◎プリ・アンプ:小松音響研究所製4ch真空管ミキサー ◎パワー・アンプ:AMCRON Studio Reference1×2(for sub woofer), SAE 2400(for woofer), ALLION S-200(for tweeter) ◎CDプレーヤー:Pioneer CDJ-350◎スピーカー:Altec 604を設えたオリジナルなど ◎3バンド・アイソレーター:Alpha Recording System ARS MODEL 3500

取材協力◎bar bonobo
東京都渋谷区神宮前2-23-4
http://bonobo.jp/

店舗