トップ >  A Taste Of Music Vol.10

profile

ピーター・バラカン
Peter Barakan

1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動、「Barakan Beat」(Inter FM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。著書に『200CD+2 ピーター・バラカン選 ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』(学研)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック名盤240』(講談社+α文庫)などがある。


公式ホームページはこちら
公式ブログはこちら
twitter @pbarakan

information

ピーター・バラカンさんのイヴェント情報


◎2015年9月5日(土)
「ピーター・バラカンDJライヴ “いのちの歌”」
バラカンさん選りすぐりの音源で「いのちの歌」の魅力に迫ります。会場:広島YMCA仮会館(開演15:00)。詳細はこちらをご参照ください。

◎2015年10月28日(水)
「バラカン・イヴニング Vol.04」
毎回、異なるテーマとゲスト(未定)、そして飲食メニューでお送りしている人気イヴェント。会場:晴れたら空に豆まいて(開場18:30/開演19:30)。詳細はこちらでご確認ください。

◎2015年11月23日(月)
「ピーター・バラカンのPing-Pong DJ SPECIAL〜BLUES篇」
バラカンさんの人気イヴェント、”Ping-Pong DJ” が「晴れ豆」に登場! MONSTER大陸から千賀太郎さんと藤倉嗣久さんの両氏を迎えて送る、とっておきのスペシャル・ヴァージョンに。会場:晴れたら空に豆まいて(開場17:30/開演18:30)。詳細はこちらまで。

Back Numbers

バックナンバーはこちらから >

A Taste of Music vol.06

A Taste of Music vol.02

  • Acoustic Revive
  • Cotton Club 様
  • LINN JAPAN 様
  • NASPEC
  • Syntax 様
  • Timelord 様
  • yukimu 様

おことわり

◎当サイトではピーター・バラカン氏の意向により、人名などのカタカナ表記について、一般的なものとは異なり、実際の発音により近い表記を採用しています。


comming

2015年10月24日(土)・25日(日)
恵比寿 ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム

 去年に引き続き、今年も「LIVE MAGIC!」を開催することになりました。この催しは、僕は基本的にルーツ・ミュージックの祭典として企画しています。そして、今回は英語圏だけじゃなく、さまざまな地域からミュージシャンを呼んでいます。先ほどご紹介したキューバのダイメ・アロセナの他にも、オーストラリアのアボリジニのシンガー・ソングライターでグルムル(Gurrumul)という人が来ますが、彼もまたとっても美しい声の持ち主です。目が見えなくて、左利きなのですが右利き用のギターを弾きながら歌います。その歌声にはなんというか……、癒しというと安っぽく聞こえてしまうけれど、聴く人の心をきれいにさせる何かがあると思います。オーストラリアでアルバムを出したのは7年くらい前のことで、日本でもようやくそのアルバムが今年になって発売されました。日本ではほとんど知られていませんが、世界的にはエリザベス女王やオバマ大統領の前で歌ったりして注目されている人です。言葉を越えて多くの人の心に響く音楽を、少しでも多くの日本のリスナーに聴いてほしいですね。

 非英語圏からもう一人、モンゴルのシンガー・ソングライターのデリヒ(徳楽黒)を呼びました。彼はホーミーで歌いながらモンゴルのさまざまな民族楽器--馬頭琴などの弦楽器や笛、太鼓などを演奏しますが、今回は一人で来る予定なのでどんなステージになるのか、今から楽しみです。

 アメリカからやって来るアーティストで注目してほしいのが、アイム・ウィズ・ハー(I'm With Her)。それぞれ独立したシンガー・ソングライターとして活動している、セーラ・ウォッキンズ、セーラ・ジャローズ、イーファ・オードノヴァンによるグループです。フォークやカントリーなど、いわゆるアメリカーナ的な音楽をやっている人たちですけど、3人が一緒になった時のハーモニーがいいんです。グループとしてはスタートしたばかりだから、まだCDも出ていませんが、とてもいい印象を与える音楽を披露してくれると思います。

 日本からはTin Pan(細野晴臣、鈴木茂、林立夫)が参加してくれます。このメンバーが、誰かのバックでなく、単独でライヴをやるのはとても珍しいですね。彼らには、実はリトル・フィートのギタリストであるポール・バレアとフレッド・タケットと共演してもらう予定だったんですが、残念ながらポール・バレアが病気のため来られなくなってしまいました。そこでTin Pan単独での出演をお願いしたら、快くOKしてくれたんです。こちらもすごく楽しみですね。

 去年からのリピーターでは、濱口祐自やRei、そしてニューオーリンズの3人組みファンク・バンド、ブークー・グルーヴ(Boukou Groove)も出演します。ブークー・グルーヴは、去年の段階ではほとんど知られていませんでしたが、「LIVE MAGIC!」で初めて観て好きになったという人が多かったので、ぜひもう一度来てほしいと思いました。彼らの新しいアルバムも10月までには出るはずです。ちなみにギタリストのビッグDは今、アメリカの音楽界でも相当注目されているようです。

 今回も会場は恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンホールとザ・ガーデンルームです。前回はタイム・テーブルを“ホール”と“ルーム”で交互に組んで、できるだけ多くのステージを観られるようにしたんですが、収容人数の少ないルームのほうでお客さんがあふれてしまうということがありました。そこで今回は、意図的に時間がかぶるようにしました。ただ、出演者のうち半数くらいは2日とも出ますので、ぜひ両日にわたって楽しんでください。また、今回も僕の『ザ・ポッパーズMTV』の再現コーナーも設ける予定ですので、こちらもぜひお楽しみに!

Dayme Arocena

Dayme Arocena

Gurrumul

Gurrumul

I'm With Her

I'm With Her

Tin Pan

Tin Pan

Boukou Groove

Boukou Groove

徳楽黒(デリヒ)

徳楽黒(デリヒ)

濱口祐自

濱口祐自

Rei

Rei

PB's Sound Impression

高級オーディオを思わせる
「晴れ豆」のPA音響


 この8月で“9周年”を迎える「晴れたら空に豆まいて」は“都内トップ・クラスの音響”を標榜する、音楽ファン期待のライヴハウス。今回、A Taste of Musicでのお勧め音源をここのPAシステムで試聴したバラカンさんは、次のようにコメントしてくれました。

「畳敷きだったことも関係しているかもしれませんが、ライヴハウスの音響というよりも、高級オーディオに近いような印象を持ちました。ヴォリームを大きめにしてもあまりうるさくならないのがよかったです。ここではつい最近も、小坂忠さんのバースデイ・ライヴを観たり、鮎川誠さんと一緒にイヴェントを行ったりしましたが、すごくいい音で楽しめました」

 また、バラカンさんには、前回の「bar bonobo」での聴き比べに引き続き、ミキシング・コンソールからメイン・スピーカー用のアンプ(舞台下手に設置)に接続される左右それぞれ約20mのライン・ケーブルを、従来の普及タイプのものからACOUSTIC REVIVEの製品に付け替えることにより、音がどう変わるかを体験してもらいました。ダイメ・アロセナ『ヌエバ・エラ』の日本盤ボーナス・トラック「Cry Me A River」による聴き比べの感想は?

「元のケーブルも悪くないと思いましたが、つなげ変えて聴いてみると違いがよくわかります。やはり、いいケーブルを使うと臨場感が増した気がしました。ほとんどパーカッションと歌だけの曲でしたが、コンガなんか本当に目の前で叩いているような迫力がありましたね。興味を持った人はぜひ聴きに来てください」

舞台下手に設置されているアンプ・ラック。目には見えないところでACOUSTIC REVIVEのライン・ケーブルや電源ケーブルなどがその良好な音質をサポート
「晴れ豆」のメイン・スピーカーはMEYER SOUND Ultra series UPA-1A(上)。下は同シリーズのサブ・ウーファーUSW-1
プログラムによって、畳敷きにもできる客席の床。定在波を抑えるなどほどよい吸音効果が得られるという
CDやハイレゾの音にじっくり聴き入るバラカンさん

今回のリスニング・システム
スピーカー:MEYER SOUND Ultra series UPA-1A、SW-1
アンプ:AMCRON XLS602
ミキシング・コンソール:SOUND CRAFT MH2/24
DJミキサー:PIONEER DJM-600
オーディオ・インターフェース:RME Babyface
CDプレーヤー:TASCAM CD-500

取材協力◎ライヴハウス「晴れたら空に豆まいて
東急東横線「代官山」駅・正面口より徒歩30秒!
東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2