トップ >  A Taste Of Music Vol.10

profile

ピーター・バラカン
Peter Barakan

1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動、「Barakan Beat」(Inter FM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。著書に『200CD+2 ピーター・バラカン選 ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』(学研)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック名盤240』(講談社+α文庫)などがある。


公式ホームページはこちら
公式ブログはこちら
twitter @pbarakan

information

ピーター・バラカンさんのイヴェント情報


◎2015年9月5日(土)
「ピーター・バラカンDJライヴ “いのちの歌”」
バラカンさん選りすぐりの音源で「いのちの歌」の魅力に迫ります。会場:広島YMCA仮会館(開演15:00)。詳細はこちらをご参照ください。

◎2015年10月28日(水)
「バラカン・イヴニング Vol.04」
毎回、異なるテーマとゲスト(未定)、そして飲食メニューでお送りしている人気イヴェント。会場:晴れたら空に豆まいて(開場18:30/開演19:30)。詳細はこちらでご確認ください。

◎2015年11月23日(月)
「ピーター・バラカンのPing-Pong DJ SPECIAL〜BLUES篇」
バラカンさんの人気イヴェント、”Ping-Pong DJ” が「晴れ豆」に登場! MONSTER大陸から千賀太郎さんと藤倉嗣久さんの両氏を迎えて送る、とっておきのスペシャル・ヴァージョンに。会場:晴れたら空に豆まいて(開場17:30/開演18:30)。詳細はこちらまで。

Back Numbers

バックナンバーはこちらから >

A Taste of Music vol.06

A Taste of Music vol.02

  • Acoustic Revive
  • Cotton Club
  • LINN JAPAN
  • NASPEC
  • Syntax
  • Timelord
  • yukimu

おことわり

◎当サイトではピーター・バラカン氏の意向により、人名などのカタカナ表記について、一般的なものとは異なり、実際の発音により近い表記を採用しています。

robert fonseca


ピーター・バラカン “A Taste of Music”

[Contents]

◎Featured Artist

MONSTER大陸

◎Recommended Albums

Charlie Haden『Tokyo Adagio』
Dayme Arocena『Nueva Era』
Sonny Landreth『Bound By The Blues』

◎ Coming Soon

Peter Barakan's LIVE MAGIC! 2015


“いい音楽とは?”、“いいライヴとは?” A Taste of Musicは、音楽の伝道師ピーター・バラカンさんが素敵なオーディオ空間を訪ねながら、自ら選りすぐった音楽の魅力をライヴやレコードの聴きどころとともにお届けするWebマガジンです。

構成◎山本 昇


[Introduction]

 もうすっかり日本での暮らしが長い僕ですが、ここ数年は梅雨の時期に、生まれ故郷のロンドンへ帰省しています。今年は「LIVE MAGIC!」に出演してもらうミュージシャンのエージェントに会ったりと、仕事も兼ねて10日間ほど滞在してきたのですが、そのロンドンでたまたま僕が好きなメイヴィス・ステイプルズの公演があったので観てきました。ちなみに、彼女は今年2015年の4月に『Your Good Fortune』という4曲入りのEPを出しましたが、その中の「Fight」という曲ではヒップホップを取り上げていたりして驚かされたばかりです。

 会場はテムズ川の南側にあるクラパム・グランド(The Clapham Grand)という、古い建物の中にあってビクトリア王朝時代のような内装が施されたクラブでした。今年で76歳の彼女ですが、ステージではしっかり立って歌っているし、声もよく出ていて、まだまだ現役の人という感じです。バンドは、男女一人ずつのバック・ヴォーカルに、ギターとベイス、ドラムズというシンプルな編成でした。ステイプル・シンガーズ往年のヒット曲はもちろん、自身のソロや古いゴスペル曲に加え、80年代にステイプル・シンガーズがカヴァーしたトーキング・ヘッズの「スリパリー・ピープル」を歌うなど選曲の面白さもあり、観に来て良かったと思いました。

featured Artist
MONSTER大陸のお二人と

MONSTER大陸のお二人と


 今回の「A Taste of Music」は、東京・代官山のライヴハウス「晴れたら空に豆まいて」からお送りします。「晴れ豆」は、床を畳敷きにしてみたり、ケーブル類をオーディオ・グレードのものに変えてみたり、音の良さを追求するライヴハウスの一つです。いつもの音源試聴は、ここのPAシステムを使って行います。さて今日は、2014年の「LIVE MAGIC!」にも出演してくれた日本の若手ブルーズ・バンド「MONSTER大陸」から、藤倉嗣久さん(ヴォーカル、ギター)と千賀太郎さん(ヴォーカル、ハーモニカ)が遊びに来てくれました。今回の“Featured Artist”は、7月15日に新作『女どもへ』のハイレゾ配信、8月12日からCD発売する彼らに注目してみたいと思います。

PB MONSTER大陸の今度出るアルバムでは、録音にACOUSTIC REVIVEのケーブルやアクセサリーを使うなどシステムの細部にこだわったそうですね。ケーブルと言えば、僕自身もA Taste of Music Vol.6の「bar bonobo」で聴き比べた体験が思い出されます。あの時は、「同じシステムなのにケーブル1本でこんなに音が変わるの?」と、とてもびっくりしました。出来上がったCDを聴いてそう感じるわけだから、楽器を演奏したり録音したりする時も当然違いはあるのでしょうね。
藤倉 今年4月のレコーディングの途中に、ACOUSTIC REVIVEの電源ボックスがスタジオに届いたので使ってみたんですが、とても良くて驚きました。「何これ?」って感じで(笑)。だから、すでに録ったパートも録り直しました。これまでも、ギター・シールドとかは意識して選んでいましたが、電源でこれほど変わるとは思いませんでしたね。
千賀 ハーモニカでは、マイクで拾った音をアンプへ通すために、インピーダンスをローからハイに変換する機材を使うのですね。この変換器もACOUSTIC REVIVEのケーブルが付いたものを特注で作ってもらったんです。おかげで、太くて暖かい、とてもいい音を出せるようになりました。もちろん、マイク・ケーブルで音が変わることも実感しています。
PB 僕がMONSTER大陸を最初に聴いたのは去年、InterFMのラジオ番組「BARAKAN MORNING」に寄せられたリクエストがきっかけでした。そして、InterFMの他の番組でのアクースティック・ライヴを観て気に入って、僕の番組にも出演してもらいました。実は太郎君のことは、すでに10年以上前に知っていました。確かブルーノート東京でトゥーツ・シールマンスの昼間のライヴを観ていたら、小学生の男の子がステージに上がって、トゥーツと一緒にハーモニカをとても上手に吹いていましたが、それが太郎君だったんです。そして、バンドでの演奏を初めて聴いたのは「Shimokitazawa Sound Cruising 2014」だったんだけど、あれはけたたましい音だったね(笑)。
千賀 その頃はまだ、ACOUSTIC REVIVEのマイク・ケーブルを使っていませんでしたから(笑)。
PB 去年の「LIVE MAGIC!」ではアコースティック・セットで出てもらったけれど、本当はバンドでやりたかったかな。さて、今日は新しいアルバムのハイレゾ音源を用意してくれたそうですね。早速、「妄想 the World」「でかいケツの女」の2曲を聴いてみます。うん、なかなかファンキーですね。録音はどのように行ったの?
レコードはジャケットの手触りとかも含めて、物としても大好きなんですよ

「レコードはジャケットの手触りとかも含めて、物としても大好きなんですよ」(藤倉さん)


ハーモニカ用マイクは、録音とライヴで、いろんなタイプを使い分けています

「ハーモニカ用マイクは、録音とライヴで、いろんなタイプを使い分けています」(千賀さん)


藤倉 新大久保にあるフリーダム・スタジオでの録音で、今回も一発録りです。全ての電源ケーブル、電源ボックス、マイク・ケーブル、ライン・ケーブルをACOUSTIC REVIVEで統一して、ドラム、ベース、ハーモニカ、ギターが、それぞれのブースに入りながらも互いの顔が見えるように一発録音しました。その後で、アコギや別のギター・フレーズを重ねたいと思えばダビングするというのが僕らのレコーディングの基本的なやり方です。
PB いまやラップトップのパソコン一つで録音ができる時代ですが、そういう大きなスタジオで録った音はやっぱり違います。バンドの場合は特にそうでしょう。ところで、最近になって日本でもストリーミング・サービスがスタートするなど、このところ音楽の聴き方の変化が目立ちます。そのことについてはどう思いますか。
藤倉 単純に便利だなとは思います。ただ、音質を考えると……。ミュージシャンとして音楽は少しでもいい音で聴きたいし、リスナーの皆さんにもいい音で聴いてもらいたいですね。実はうちの家族はCDに移行するのがものすごく遅かったので、中学生くらいまでずっとアナログ・レコードを聴いて育ったんです(笑)。最近もいい真空管アンプやカートリッジを入手して聴いたりしていますが、やっぱりレコードの音はいいなと思います。リトル・フィートの『ラスト・レコード・アルバム』が好きなんですが、アナログでこれを聴くと演奏しているメンバーの表情まで見えるような気がして……。そういう空気感は大事だなと思うんです。
千賀 僕は今、外で音楽を聴くときはCDウォークマンを使っています。以前はMP3など圧縮系のプレーヤーも使っていたんですが、CDウォークマンにしてみたら音がぜんぜん違う。確かにたくさん曲が入るMP3プレーヤーは便利ですけどね。聞くところによるとジャマイカなどでレゲエやスカのDJはiPhoneを使っているとか(笑)。
藤倉 荷物も少なくて済むし(笑)。
PB まぁ、彼らは音質に対するこだわりはあまりなさそうだね。
千賀 レコードの空気感もいいのですが、CDだとレコードでは聴き取れなかったヴォーカルのブレスやギターのピッキングなど細かいところが鮮明に聴こえます。どっちにも良さがありますね。移動中にCDを入れ替えるのは面倒ですけど(笑)、買ったCDを帰りの電車ですぐに聴けるのは僕にとっては大きな利点です。
PB では最後に、今作の聴きどころを教えてください。
藤倉 『女どもへ』というアルバム・タイトルからわかるように、女性にエネルギーを向けて深いブルース・フィーリングで、男の本当の姿を赤裸々に表現した“おバカな俺らの生きる道”を前面に出してます。今回はメンバー4人全員が曲を書いたんですが、“型にはまりきらない”曲たちばかりで、それぞれの個性が今まで以上に出ているアルバムになりました。そんな男の本当の姿をぜひ聴いてほしいですね。
千賀 このアルバムには、ライヴでは体験できないものもちゃんと収められています。もちろん、僕らはライヴでの勢いには自信を持っていて、ステージでもいいものをお届けすることは約束しますが、アルバムにはここでしか体験できないサウンドや世界がありますから、両方を楽しんでください。
PB わかりました。MONSTER大陸は9月から25カ所を回るツアーが始まりますね。今日は来てくれてありがとう。

ニュー・アルバム『女どもへ』を24bit/88.2kHz(WAV)のハイレゾ(OTOTOYにて配信中)で試聴!


ピーター・バラカン

MONSTER大陸

ピーター・バラカン

ACOUSTIC REVIVEのケーブルなどによる音質向上が著しい、ライヴハウス「晴れたら空に豆まいて」のステージ